自損事故!夫婦のピンチ!その先に待っていたものは♡

先日の出来事、いつになく外は霧が多く真っ白、雨が降ったかのような早朝。

高2の長男くんのテニスの大会で、早朝学校までの送るために家を出ました。
敷地を出てすぐ「イアホンを忘れた」と長男くんは家に戻り、
私は車をバックして、出てくるのを時間を気にしながら私も家に戻ろうか迷っていて

そんな時、車が塀に“ゴトッ”
あ~~~~~~っ!!!やってしまった~~~~~~!!

気持ちは最低レベルまで落ち込み、学校まで30分の道のり車中はため息ばかり
なんてたって夫の激高にふれることが想像できたので、
自分の不注意は十分にわかってるし、時間を戻せないことにつらくて悲しくて💧

戻ってから、楚々と「車、傷つけてしまいました」
霧、露で車のガラスも見にくかったこと、家で一人で支度している弟くんが気になったこと、
いろんな要因が重なり、結果注意力散漫したと…報告したら💦

案の定!

「なに~~~っ!!」
「ほんとに注意力ないな!!」
「どんな車両感覚してんだ!!」
「過信してるからこうなるんだ!!」
「池袋の高齢者が起こした事故みたいになるぞ!!」

などなどなど・・・・

さんざん攻撃されて、自尊心を深く傷つけまくられた。

さすがに私が悪いとはいえ、言い方が気に入らない。
反論もしたけど、気持ちがもう夫に対する怒りで一杯になってしまった。

自分の部屋にこもり、しばらく気持ちを落ち着かせ
車に罪はないのでスタンドに行き、ガソリンを満タン、ワックス洗車してピカピカにしてあげた。

スタンドのおじさんが「後ろ傷あるね」
私「そう。今朝やっちゃたぁ~。だからきれいにしてあげようと思って洗車したんだ。」
おじさん「こんなもん!たいしたことないよ!」
私「うん。たいしたことないと思うんだけど、大変なことにしちゃう人がいるんだよね。うちには…」

夕方、長男くん「お父さんに言った?」
私、ため息「うん、いつものごとく激とばしてた」

私は感情も考えてることも、気持ちの全てを胸の内におさめ、蓋をしてしばらく我慢して
「そのうち見てろよ!覚えておけ!」てきなこと思って知らん顔してたけど、
私が風呂に入っている間に、長男くんと夫の言い合いが聞こえてきた。

なんだかよくわかんないけど、ささいなことから

「朝、親に車で送ってもらって感謝してない」とか「電車で行け」とか。
電車はかなり理不尽なこと。電車は1時間に1本だし、駅から学校までの足がない。
普段より早い集合で、学校のスクールバスが走ってる時間じゃないし。

長男くん「感謝もしてるし~、お母さんの車ぶつけたことで、訳わかんないこと言ってんじゃねぇよ!!」

(あ~~また車の話が、再発してしまった😥)

あーでんね。こーでんね。やーやーやー!!!!

長男くん私のところにきて、
「我慢して思ってること言わないで、黙ってるのはおかしいでしょ。
 なんで言わないの。胸の内にしまうって、そんな関係おかしいでしょ。」

そして夫にむかって
「お父さんの言い方は、まじきついから。そんなきつい言い方しても何も解決しないから。
 車ぶつけたのはお母さんが悪いけど、やってしまったことしょうがないじゃん。
 きついこと言って傷つけて、全然お母さんに寄り添ってあげないお父さんも悪いよ。」

おおおーーーーっ!!!息子よ!!
「寄り添う」なんて言葉がきみの口から聞けるとは…
お母さんはその言葉が聞けて、沈んでいた気持ちにふわ~っと💛マークが舞いました💛💛

いろいろ車の自損で書きましたが、一番言いたかったことは(夫のことは置いといて)

長男くんの言葉に救われました。

仲裁に入った長男が、思っていた以上に成長していたこと。
コミュニケーションについて彼なりに学んでいること。
そして、私達夫婦に的確に問題提起をしてくれたこと。

正直、家ではわがまま自分勝手なことばっかり言ってるから、
彼女できたら、ふられる様なことしなきゃいいけど。
なんて心配してたけど、「寄り添う」ということを君はわかっていたのか!!

ちょっと長男くん、
きみのお父さんとお母さんに言ってくれた言葉は、ホントに核心をついています。
まだ子供と思っていたけど、知らないうちに大人なってきてたのね。
お母さんはうれしくて、とても誇らしく思いました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夫はというと
私にきれいな車に乗っていてほしいと思っているのに、傷つけられてガッカリしたことから
感情的になってしまった。とあやまってきました。
たしかに、数カ月まえも縁石にタイヤがあたって、ホイールが傷いってしまった時もドヤされた💦
日ごとに傷が増えていくのが許せず、きっと「またか!!」とガッカリしたんだね。
大変申し訳なっかたです。
小さい事故も大きい事故も代償は大きいです。今後は心して気を付けたいと思います。

そして…
傷は気にする程でないと感じている私は「修理に出さない。」
夫は「かっこ悪いから修理に出せ。」と意見が分かれています。
これも、お互いのマイスタンダードの違い、歩み寄りが必要という事ですね😅

私達夫婦のパートナーシップについては、また後ほど~ (^^)/~~~

MCS認定マザーズティチャー/PAA認定パートナーシップコーチ  大野克子

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

ページ上部へ戻る